青汁 ダイエット 50代

青汁は50代男性のダイエットに効果的?

野菜

不足がちな野菜

一日に350gの野菜を摂取しなければいけないといわれていますが、肉類やファストフードが好きな現代人が毎日それだけの野菜を食べるということは大変なことです。

 

350gの野菜というと両手に山盛りいっぱい乗せたぐらいの量ですが、理想的な野菜の摂取の量は緑黄色野菜が120g、淡色野菜が230gとされています。

 

豊富な栄養素

野菜にはビタミンA、C、食物繊維、カルシウム、カリウムなどの栄養素が含まれています。

 

食物繊維は食事からの糖分や脂分の吸収を緩やかにし、便秘の予防にもなります。

 

カリウムは高血圧の元になるナトリウムを体外に排出してくれる働きがあります。

 

ビタミンAには抗酸化作用があり体の老化を予防する働きがあります。

 

つまり野菜をたくさん摂取するということは糖尿病、肥満、高血圧などの生活習慣病を予防する働きがあるということです。

 

だから40代、50代の中年以降、特にまだまだ仕事が忙しく、食事にあまり気を使っていられないという男性にはたくさんの野菜が必要なのですが、毎日必要な量の野菜をしにくい場合は青汁をおススメします。

 

青汁にはケール、明日葉、大麦若葉をはじめ緑黄色野菜がたっぷり入っているのでビタミンやミネラルの補給にとてもよい飲み物です。

 

以前は青臭くまずくて飲みにくかったのですが、最近の青汁はフルーツ味や抹茶味など各メーカーが飲みやすいように工夫をしているので、子供でもおいしく飲めるようになりました。

 

仕事が忙しくてゆっくり食事に時間をかけていられない、夕食も遅くなりがちという50代の男性でも毎日コップ1杯の青汁を飲むことで生活習慣病を予防し、ダイエットにも効果的です。

 

毎日の青汁を習慣づけることで若々しい体で、もりもり仕事にも励むことができるのです。